AtoZ Times

噂のクラブハウスに出てくる英語表現

  • カテゴリー: スタッフブログ、海外、英語

巷で大流行のクラブハウス、ここ1週間で登録された方も多いのではないでしょうか。

2020年3月頃にアメリカでスタートし、”Twitterの音声版”、”完全招待制”などの特色あるサービスが注目を浴びています。

登録して驚くのが、日本語対応になっていないということ。
少し出てくるフレーズ等ご紹介します。

—————————————————————————————————————–

Start a room・・「チャットルームを開始する」 自分でチャットルームを作ります

Let them in ・・「彼らを入れる」電話登録している人で承認待ちの人の名前が出てきたときに招待する

Open it up・・「開く」チャットルームを公開します

Leave quietly・・「静かに退出」ルームから退出します

You have  2 invites・・「招待権が2つある」まだアプリを登録していない人を何人招待できるかを表わしています。

————————————————————————————————————–


皆さんYoutubeなどで使い方を確認されているようですが、ここで英語のアプリをそのまま使いこなせたら便利ですよね。
例えばアメリカ大統領の就任式で話題になった、AmandaGormanの詞の朗読も、日本語訳付で日本のSNSに出てきたのは1日~2日後の事でした。ライブで聞いてGormanの言葉を直接理解できたら感動は倍増です。

英語を自由に使えると暮らしが便利で豊かになる時代がやってきました。
社会人からの英語の学び直し、まだ間に合います。それぞれのレベルにあったクラスで無理なく、しかし確実にゴールに近づくレッスンを是非お試し下さい。

松本市・岡谷市のスクールでのレッスン他、全国どこからでも受講できるオンラインチャットラウンジも今なら入会金無料で始められます。

無料体験レッスンのお申込みはこちらからどうぞ。
今なら6か月以上の成約でタブレットプレゼントのお得な早期成約キャンペーン実施中です。

秋の生徒募集キャンペーン