講師紹介

Sebastian Viguera
セバスチャン ビゲラ
MG校

セバスチャン・エドワルド・ビゲラ・オヤツスンと申します。セバスチャン、もしくはセバスと気軽に読んでください。チリのサンティエゴで生まれました。小さい頃からまわりの大人が様々な言語を話す環境にいたことで、言語に対して興味を持っていました。自分が理解できない言葉を話している大人はどんな物語を知っていて、どんな音楽を楽しんでいるのか、とても気になり、14歳のとき新しい文化と生活のため、アルゼンチンへ行きました。アルゼンチンは私の第一歩となり、その後ペルーや多くの国での生活を経験しました。できるだけ多くの国に行き、ことばを学び、たくさんの人に会い、その方たちの暮らしや生活感を肌で感じて過ごしました。この環境の中で、ワインのソムリエになりました。ソムリエになったことで、自身の可能性を広げるためにも、多くの料理に触れるようにしていたところ、偶然にも日本にくることになりました。言葉を習得することでご自身の可能性がぐんと広がりますので、そのお手伝いをできることをとても楽しみにしています。ワインについてもお話ししましょう!

My name is Sebastian Eduardo Viguera Oyarzun, please feel free to just call me Sebastian or Seba, I was born in Santiago, Chile. Since I was a little kid the way people speak different languages intrigued me, It made me wonder the stories they knew or the songs they enjoyed, when I turned 14 years old I left to Argentina to try a new culture and way of living, this was my first step, Argentina led me to Peru and so on, I went to as many countries as possible, learn languages, met people and enjoyed the view of life, during this path I’ve became a Wine Sommelier which guide me to try as many cuisines and tastings as possible, this eventually led me to Japan, where I hope I can help as many learners as possible to enjoy the freedom that languages can give you, always glad to speak about wine too!