スタッフ紹介

近藤 智美
こんどう ともみ
MG校

異文化の中での伝える力

秋田生まれ、秋田育ち。
日本語ではなく、秋田弁を母国語として18年以上を過ごし、少しでも自分の可能性を広げるため、高校はうんと背伸びして英語科のある高校へ。毎日片道1時間半電車通学。1年次からクラスに留学生、ALTが3名学校に在籍しているなど恵まれた環境の中で高校生活を送り、大学は両親の強い希望もあり地元の国際教養大学へ。

学生時代は、他大学の学生も大学間の枠を超えて所属する学生NPO団体「秋田キャンパスネット」にて、ネパールの青年海外協力隊の派遣員や現地の学生団体と協力してさまざまな活動を行う。

この活動を通して、「日本にいると絶対経験することのできない宗教感の違いや、民族間の習慣の違い・政治感の違いを経験するべき!」とマレーシアを勧められ、ペナン島にて、朝はモスクからのcall for prayersが目覚まし代わりとなる刺激的な13ヵ月の留学生活を過ごす。

卒業後、メーカーにて営業職を経験したのち、ご縁があってAtoZへ入社。

思い返せば、大学も、NPOも、マレーシアも、メーカーもAtoZも秋田とは全く異なる環境ですべて異文化体験。人は一人ひとり違って当たり前、相手を理解する為や自分を相手に理解してもらうために自分の意見を持つことやそれをシェアできる能力(英語や表情)が必要だと身を持って感じることが出来ました。

ウイリアムモリスの壁紙が特徴的な、信毎メディアガーデン校のフロントでお待ちしています!せば、まんつ。