スタッフ紹介

熊谷 千花
くまがい ちか
岡谷校

英語は心を自由に。常識という枠を超え、人と人が心で対話する。

私はわりとおとなしい方で、あまり流暢に話ができるタイプではありませんでした。英語に出会い、”Wow! Yeah!”とはしゃいでいるうちに楽しくなり、いつしか自分は究極には「エンターテイナーになる!」と心に決めるようになりました。英語を話すと、なぜか心が自由になります。常識という枠を超え、人と人が心で対話をする。それが英語の大きな魅力であると思っています。英語をきっかけに心を開いて、相手も自分も大切にするコミュニケーションがとれるようなお手伝いができれば幸いです。 英文学科を卒業し、英会話学校で講師をする傍らTOEFLのスコアを上げ、28歳のときにオーストラリアに1年間留学しました。英語圏での生活を経験したかったのと、もっと流暢に話せるようになりたかったからです。勉強漬けの日々でしたが充実感があり、日本では普通のことが現地では変だったり、その逆のこともあり、ひとつひとつの体験が新鮮でした。たとえばオーストラリアには大きなハエが多くてびっくり!ホームステイ先のママはいつもポジティブな言葉をくれて、心が軽くなったのを覚えています。私のいたToowoombaという町は乾燥しているため、雨水を家庭用タンクに貯めて飲料水やシャワー利用等するのですが、おかげでお腹も大分強くなりました。 ところが帰国後は、英語への熱が燃え尽きてしまったようで、英語の「勉強」から離れたいと思うようになりました。しばらくはそのような状態でしたが、時々会話や映画をただただ楽しんだりするうちに、徐々にまた英語熱が戻ってきました。AtoZの生徒さんも、もし英語につまづいてしまうようなことがあったら、もう一度楽しむことから始めてみてはいかがでしょうか。AtoZで「英語をやっていてよかったな」と思っていただけるようなサポートを続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。